活動方針

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

Ⅰ. 基本方針

地域会として2年目となる今年度は、第1期に構築した地域会として組織をより充実させる。

そして、協会本部と連携し、東京会との協力体制を維持し、公認会計士を取り巻く環境の変化に迅速に対応し、社会の健全発展と公共の利益に寄与するための施策を積極的に実行する。

また、会員(準会員を含む)業務の充実・拡大、資質の維持・向上並びに福利厚生の充実に資する対策を講じ、もって会員の社会的・経済的地位の向上を図る。

Ⅱ. 事業の大綱

組織の構築
  1. 初年度に作り上げた埼玉会のインフラを引き続き整備し、構築された組織を活性化させる。
  2. 埼玉会の組織及び会務等の効率的な運営を図り、あわせて事務の合理化、効率化を図る。
地域社会への貢献
  1. 地域の自治体や経済諸団体等と積極的に連携し、公認会計士業務を通じて地域社会に貢献する団体としての活動を実施していく。
  2. 会員の資質の地位向上を図り監査の信頼性を高めることにより、地域社会への監査の重要性をアピールするための施策を実施する。
  3. 公認会計士に対する社会の関心と理解を深めるため、積極的に広報活動を推進する。
会員へのサービスの充実と会員の会務への積極的な参加
  1. 各委員会、協会活動に会員が積極的に参加できる埼玉会にするための諸施策を検討する。
  2. 会員の継続的専門研修制度に対する理解を深め、履修の促進を図るために、会員の研修活動の支援を行う。
  3. 機関誌及びウェブサイトの内容の充実を図るとともに情報提供の効率化を図る。
  4. 会員の福利厚生の充実を図るための埼玉会独自の諸施策を実施するとともに、東京会の協力を得て、健康管理・会員相互の親睦を推進し、あわせて慶弔・表彰制度の適正な運営を行う。

Ⅲ. 当事業年度の重点施策

  1. 本部重点施策の埼玉会における推進と、地域会としての意見の本部への進達を図る。
  2. 監査・会計プロフェッションとしての職業倫理の保持効用のための施策を実施する。
  3. 公認会計士に対する社会の関心と理解を深めるために、埼玉県内の高校・大学に対して、公認会計士制度のPR活動を行い、同時に小・中学生を対象とした「ハロー!会計」事業を展開する等積極的に広報活動を推進する。
  4. 会員に対する情報提供を進めるため、SAITAMA CPA NEWS及びウェブサイトの内容をさらに充実させる。
  5. 公認会計士業務を通じて会員業務のさらなる拡充や地域社会に貢献するため、県、市町村、裁判所、商工会議所並びに友好士業団体等の関係諸団体との交流を積極的に促進する。
  6. 公会計の研修会等を企画し、埼玉県の地方公共団体等に対してその財務諸表の作成に係る統一的な基準の周知に努める。
  7. 会員の紹介、推薦を進め、特に県や市町村の外部監査人、監査委員等の要請に対し適切に対応する等の施策を推進する。
  8. 公認会計士としての専門的能力向上のため、会員に対し、タイムリーなテーマの実務研修等を実施し、会員全員のCPE単位取得に積極的に協力する。
  9. 会員相互の親睦を図るために、ゴルフ会、ウォーキングイベント、親睦旅行等を企画するとともに、会員の趣味のための同好会活動にも協力する。また東京会の協力を得て東京会福利厚生施策(会員の健康管理・趣味の会・イベント等)に参加することを推進する。
  10. 準会員及び開業登録後間もない会員に埼玉会の諸施策及び総会・賀詞交歓会等への参加を促し、会員との親睦を図ることを推進し、登録間もない会員が県内で開業するために資する諸施策を推進する。またそのために青年部等の諸活動を積極的に推進する。
  11. 各種委員会を設置し、幅広く参加会員を募り、その活動を通じて埼玉会の活性化を図る。
  12. 関係諸団体と連携しながら中小企業を支援する施策を企画・実施する。
  13. あらたに導入される社会福祉法人監査、医療法人監査に備え、本部の公会計協議会、特に社会保障部会と連携しつつ、これらの業務に資する情報を研修会などを通じて提供するなど、会員への支援を行う。
  14. 女性会計士活躍促進のため施策を本部と連携して推進する。
  15. 東京会、神奈川県会および千葉会との連携を図り、四会での共同事業を推進する。
  16. 健全な財政を堅持するため効率的な運営と、資金の安全かつ効率的な運用を行う。


ph_koukaikei.jpg 公会計委員会

▲ 先頭にもどる